仲介手数料でよく聞かれるトラブル事例

仲介手数料のことを理解しよう

どんな事例が起こっているのか

最も多いトラブルは、相場以上の仲介手数料を請求されることです。 仲介手数料の相場は地域によって異なっているので、前もって調べると悪質不動産会社を避けることができます。 また、法律で仲介手数料が決まっていると嘘をつく不動産会社見られるので注意しましょう。

多く費用を請求しようと考える不動産会社

なるべくたくさんお金を稼ごうと、いろんなところで費用を請求する不動産会社があるので要注意です。 難癖をつけてコンサルティング料を請求したり、契約が成立していないのに仲介手数料を請求されたりするかもしれません。 それは、支払わなくても良い費用です。

仲介手数料に関して最も多いトラブル

自分1人で物件の売買をしたり、借りる契約をしたりするのは難しいです。
不動産会社など詳しい知識を持っている人に、相談しながら決めた方が良いと思います。
その方がスムーズに不動産が決まりますが、仲介手数料が発生するデメリットがあります。
信頼できる不動産会社に相談していれば何の心配も必要ありませんが、中には悪質な経営をしている不動産会社も見られるので注意してください。
高額な仲介手数料を請求されるなどの、トラブルが起こっています。

仲介手数料に関係するトラブルが、意外と多いです。
不動産会社を利用する予定の人は、前もってどのようなトラブルが起こっているのか調べていた方が良いです。
すると、予防する方法が分かります。
たくさんのトラブルが挙げられるので、できる限り調べてください。
不動産会社は、こちらが何も知らないと思って高額な仲介手数料を請求する可能性があります。
きちんと自分から仲介手数料のことを勉強していないと、そのまま支払ってしまいます。

無駄な出費が発生するので、仲介手数料で起こりやすいトラブルを学んでおきましょう。
また物件探しを依頼する前に、仲介手数料のことを聞いておくのも良い方法です。
もしおかしいと思ったら、依頼を控えた方が良いです。
もっと信頼できる不動産会社に相談した方が、余計なトラブルが起こらずに済みます。
トラブルが起こると、解決するのにも時間がかかります。
そうならないよう、事例をチェックしましょう。

トラブルに巻き込まれないためには

不動産を売買する時にトラブルに巻き込まれる人がたくさん見られますが、契約書を読まなかったことが原因です。 契約書を読めば、どのタイミングで費用を支払うのか分かります。 たくさん記載されているので面倒かもしれませんが、必ず読んで納得してから契約してください。

TOPへ戻る