仲介手数料のことを理解しよう

どんな事例が起こっているのか

相場価格を把握しよう

事例を調べると、相場以上の仲介手数料を請求されるトラブルが多いことに気がつきます。
周辺の相場を調べてから、不動産会社に相談してください。
大体、相場ぐらいの仲介手数料を請求する不動産会社が信頼できます。
安い仲介手数料を掲げているところが良いと思っている人も見られますが、するとやる気を持って不動産を探してくれないかもしれません。

きちんと仲介手数料が発生する不動産会社に相談しましょう。
相場よりも高い価格だったら、怪しいと判断して良いです。
仲介手数料に納得できなかった場合は、どうしてそのぐらいの価格になるのか聞いてください。
悪質な不動産会社の場合は、特に理由もなく高額な仲介手数料を設定している傾向が見られます。

法律で決まっていない

あまりにも高額な仲介手数料を請求されると、誰だっておかしいと感じますよね。
ですが不動産会社に、法律で決まっていると言われるとそれ以上何も言えなくなります。
しかし、仲介手数料は法律で細かく決まっていません。
決まっているのは、請求できる上限だけです。
法律で決まっていると脅す不動産会社は、かなり悪質です。

そのような言葉で脅して、高額な仲介手数料を請求する不動産会社は信頼できません。
お金儲けだけを考えて経営しているので、不動産の探し方が雑という問題点も見られます。
信頼できる不動産会社なのか判断する時は、仲介手数料のことを質問してください。
その時に法律で決まっていると言っていた場合は、信頼性が低いので避けましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る