仲介手数料のことを理解しよう

多く費用を請求しようと考える不動産会社

コンサルティング料を請求される

良い不動産が気に入って契約が完了した時に、仲介手数料を不動産会社に支払います。
そこまでは一般的なので良いですが、コンサルティング料まで請求してきたら、ハッキリと断ってください。
仲介手数料しか支払わなくて良いと最初に言われていた場合は、コンサルティング料を支払う必要はありません。
難しい言葉で費用を請求されると、よく分からないまま支払ってしまう人が多いです。

ですがそれは、法律に違反するかもしれません。
最初に仲介手数料以外は請求しないと言っていたのに、コンサルティング料を請求された場合は相談窓口に行った方が良いです。
自分だけでは解決できず請求された金額を支払ってしまうかもしれないので、専門家に相談しましょう。

契約しなかった場合

おすすめの不動産を紹介されても、実際に見学しに行ったら気に入らなかったかもしれません。
納得できなかった不動産を、無理に契約することは控えてください。
自分の希望を全て満たしている不動産を選択しましょう。
もし契約しなかった場合は、仲介手数料を支払う必要はありません。
不動産会社の中には、不動産を紹介しただけで仲介手数料を請求するところが見られます。

ですが契約が成立しなかった場合は支払わなくても良いので、きちんと拒否してください。
そしてそのような不動産会社はもう使わないで、別のところに相談しに行きましょう。
どのタイミングで仲介手数料を支払えば良いのか、自分で正しく理解することが大事です。
前もって知っておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る