仲介手数料のことを理解しよう

トラブルに巻き込まれないためには

広告費も請求されてしまうトラブル

不動産を売る時にも、不動産会社を利用する人が多いです
その際に広告費まで請求されてしまうトラブルが起こっているので気をつけてください。
契約書に、広告費をこちらが負担すると記載されていなかった場合は、支払う必要がありません。
広告費を請求されたら、必ず断ってください。
無駄な出費を抑えたい人は、契約書を読んでください。

広告費をこちらが負担すると記載されていたら、その不動産会社の利用をキャンセルしましょう。
非常に小さい字で、隅に広告費のことを記載されているかもしれないので、油断しないでチェックしましょう。
しかしそのような大事なことを、分かりにくく契約書に記載する不動産会社は信頼できないのでおすすめしません。

建物を建てることが前提の土地

新しく建物を建築したくて、空いている土地を購入することがあると思います。
その時に悪質な不動産会社だと、土地と建物の2つ分の仲介手数料を請求することがあります。
ですが土地を購入した場合は、土地の分の仲介手数料しか請求できません。
それ以外の仲介手数料を請求されても支払わなくて良いので、断ってください。

トラブルを防止するためには、書面で土地以外の仲介手数料を請求しないと約束するのが良い方法です。
口頭だけで確認して終わるのは、危険なのでやめてください。
契約を結んだ時に、土地と建物の仲介手数料を請求されることがあります。
話が違うと言っても、証拠がないので取り合ってくれません。
書面で約束していれば、証拠になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る